読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情熱の! タウィガーブログ

しがない店員のエッセイ漫画やシュール漫画、あとふつう()のブログ。

〜現在連載中の企画一覧〜

 
●Tawigaの小売日記
小売ではたらく、Tawigaのエッセイ漫画。

tawiga3.hateblo.jp

 

●週刊ジャスパジョリニズム

気ままに、お楽しみあれ。

tawiga3.hateblo.jp

 

●細マッチョになりたいあなたへ 
僕が憧れの細マッチョを目指す企画です。

tawiga3.hateblo.jp

 

●「新商品部」

仕事柄新商品によく触れるので、どうせなら紹介しちゃうぞ☆という企画。

tawiga3.hateblo.jp

 

●婚約破棄になったぼくが恋愛工学をはじめた理由

一時期ネットで話題になった「恋愛工学」 をテーマにした恋愛小説。

tawiga3.hateblo.jp

 

 

 

 

 

 
 
 ↓その他外部のやつ
 
『【社畜の】Tawigaの小売日記 その1【安寧】』
 
●ニコニコ版 →『週刊ジャスパジョリニズム』 http://seiga.nicovideo.jp/comic/8359<br>
 
 
●その他のつくったもの → http://www.nicovideo.jp/my/mylist/#/31597537<br>
 
●さらにその他に作ったもの →『ごみ箱べや』http://tawiga.web.fc2.com/  (※現在凍結中)

【週刊ジャスパジョリニズム】20 オプション:走馬灯

 

 

f:id:Tawiga3:20160411000655j:plain

 

 

 

 ↓noteでもやってます。

bit.ly

【細マッチョになりたいあなたへ】4 筋トレのやる気上げるタメ、(無駄に)筋トレ専用Tシャツ作ってみた【SUZURIで商品の作り方】

f:id:Tawiga3:20160410015050j:plain

tawiga3.hateblo.jp

 ↑前

 

 

 様、こんにちは。

 筋トレやってますか?

 軽い運動はいいですよね。代謝も上がり、体重も落ちる。

 ご飯は美味しいし、夜もよく眠れる。

 良いことづくめですよね!

 

 

 ちなみに僕はと言うと、ジムに行く頻度おちてますよ♪

 

 

 

 

 

 

f:id:Tawiga3:20160410015339p:plain

 

 

 

f:id:Tawiga3:20160410015344p:plain

 

 (アカン……)

 

 

 はっきり言って体重に関して、現状で何の不満もありませんが、

 これでは僕の憧れる「細マッチョ」には到底なれない……ッ!

 

 

 

 

 

 

 

 と、言うわけでやる気の上がるよう、

 カタチからテンションあげてみようと思いました。

 

 いわゆる外堀を埋める系男子ですね。

 

 

 

 

 

f:id:Tawiga3:20160410015947j:plain

 

 ?

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Tawiga3:20160410020025j:plain

 

 

 !?

 

 

 

f:id:Tawiga3:20160410020210j:plain

 

 

 はい、作っちゃいました。Tシャツ。

 

 

 細マッチョになれるよう、デザインはこれしかないというデザインにしました。

 まぁこれはマッチョすぎますが……

 

 

 今回のTシャツはこちらの「SUZURI」で作成しました。

 

suzuri.jp

 

 「欲しいものは、作ればいい。」

 

 というキャッチコピーに完璧にひっかかりました。

 やるなGMOペポバ。

 

 

 ちなみにこちらのサービス、無茶苦茶簡単です。

 以下以下、SUZURIでの作成方法↓

 

 

 

 

 1.画像をアップロードする

f:id:Tawiga3:20160410021358p:plain

 

 会員登録後、用意した画像をサクッとアップロード。

 まぁ人によってはデザイン出来ないと思うんで、ネットでデザイナー探すなり

 趣味でデザインやってる知人でも頑張って探してみてください。

 

 

 

 

 2.商品を選ぶ

 

f:id:Tawiga3:20160410021635p:plain

 

 

 その次に、画像に使いたい商品を選択します。

 今回は筋トレやる気満々マンになれるようなTシャツを作りたいので、

 一番最初のTシャツを選びます。

 

 右下のスマホケースが商品になりたそうにこちらをみていますが、

 今回は用途が違うので目をそらしつつTシャツにしました。

 

 ちなみに記載している値段は原価です(詳細は3で。)

 

 3.詳細やトリブンを決める

f:id:Tawiga3:20160410022123p:plain

 

 最後に決めるのは3つ。

 ●アイテム名

 ●アイテム説明

 ●トリブン

 

 上記2つはそのまんまなのでスルーしますが、

 気になるのは3つ目のトリブン。

 

 これは取り分のことで、

 2でちょろっと書いた原価にいくら載せて販売しますか?

 ということです。

 商品が売れた際、ここで入力した金額(=トリブン)が手元に入ってきて、

 実際の値段は(原価+トリブン)円となるのです。

 

 

 今回のTシャツの例で、トリブン100円とすると

 2,180円(Tシャツの原価)+100円(トリブン)=2,280円

 

 

 

 ……ぶっちゃけると結構高いですね。

 自分だけのオリジナル商品を作れる!のでその分乗っかってるんでしょうけど

 普通のTシャツに2,000円も出しませんものね、普通は。

 

 ただ人気ユーザーを見ると、うさまるスタンプで有名なsakumaruさんや

 ニコニコで一世風靡した春原ロビンソンさん、マキバオーで有名な

 つのまるさんがいらっしゃるので、

 一定の知名度がある人や、ネットで有名なクリエイターにとっては

 マッチしてるサービスなのかもしれませんね。

 

 ファンにとっては、自分の好きなクリエイターやキャラの商品を

 手に入れられる訳ですし。

 その面では、win-winの関係と言えるやもしれませんな。

 

 

 

 そして最後に販売数(1〜制限なし)を設定して、公開!

 ちなみにこちらが僕のTシャツページです。

 

 

suzuri.jp

 

 今回は白にしましたが、多彩な色を選べたり結構買う側としては

 選択肢があって嬉しいですね。

 

 ちなみに、販売数は無駄に4点にしました。

 公開してから半月が経ちましたが……

f:id:Tawiga3:20160410024344p:plain

 

 

 うん!やっぱり売れていない!(白目)

 

 

 

 みなさまも、オリジナル商品を作ってみてはいかがでしょうか?

 作って実際に家に届いた時、結構ワクワクしますよ!

 

 Let's  create  !!

 

 

 

 

 

 

    あれ?筋トレの話は……?

 

 

 

 

 

 =  Tawiga  = 

 

 

ピリ辛の辛さとまろやかなゴマの甘みが混ざり合った絶妙な後味!マルちゃんのごま坦々うどんを食べてみた〜


最近、昼には必ず新商品を買って食べている、どうもTawigaです。

最近すこしずーつ暖かくなってきましたね。
と思ったら今日は寒いですが。天気予報士しっかりしろ!



寒ければ指数があがりますが、熱くても食べる商品って結構あります。通年商品ってやつですね。

そんな通年商品であるインスタントうどんが、みんな大好きマルちゃんから発売されたので買い食いしちゃいました。


f:id:Tawiga3:20160403144938j:image
東洋水産  ピリ辛ごま坦々うどん】¥158(本体)

皆さんよく間違われるのですが、"マルちゃん"って会社名じゃないんすよね。
東洋水産がメーカー名なのです(=゚ω゚)ノ
東洋水産がもっている食品ブランドがマルちゃんなんです。知ってたらこの話スルーしてください



さて気になるお味のほどは、うどんがもっちりしてて中々、インスタントうどんにしては歯ごたえあり。
また、例の如く辛いモノ苦手なぼくにとっては辛かったのですが、程よいピリ辛なスープ。
……なんですが、その後にごまのまろやかさが加わってなんとも言えないピリ辛まろやかな味がする口の中に広がります。 


辛さとまろやかさの二律背反、みたいな。

ただ辛さを追求しましたー!
とか
取り敢えず辛くしてみたよ!


みたいな安直な味ではないのがいいですね。
ぼくこれ好きです。
言うなれば、6番レフトで置きたい位は気に入りました。


さて、あなたにとっては何番打者な立ち位置ですかね、この新商品は。
もちろん、野球に例えなくてオッケーですけどもん。


        =Tawiga=




【週刊ジャスパジョリニズム】19 カカシ

 

tawiga3.hateblo.jp

 ↑前

 

 

f:id:Tawiga3:20160403022944j:plain

 

 

  =Yes !!    Tawiga=

 

【婚約破棄になったぼくが恋愛工学をはじめた理由・その2 初陣】

f:id:Tawiga3:20160403021944j:plain

 

前回↓

note.mu

 

 

 

「クソ、クソ………クソ!」

 

隣からは聞きなれない寝息が聞こえる。でも、おそらく起きているだろう。

それは僕だって同じだった。

 

失敗したーーーー

 

 

いまの僕なら、簡単に攻略できただろう。

 

その娘の口先だけの言い訳もかわし、シットテストもクリアし、自信満々に振舞えた。

 

 

でも出来なかった。

 

経験不足……も勿論あるが、恋愛工学のなんたるかを、ぼくはまだ理解していなかったのだ。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

婚約者(その時まだ婚約はしていなかったが)と付き合っていた時、一度だけその彼女と”過ち未遂”をしたコトがある。

 

婚約者と転職でもめたからだろうか、はたまた婚約者だけしか知らないのはイヤだなぁと思っていたのか。

 

おそらくその両方だが、年も明ける頃、ぼくはその娘と家で飲む事になった。

 

 

男の一人暮らしの自宅で、宅飲み。

そういう流れにならない理由がなかった。

 

僕らはその雰囲気のままハグをし、キスの後、ベッドで夜まで愛し合った……

 

 

 

となればよかったのだが、さぁこれから本番、という時

その娘の言葉でぼくの戦意は完全に喪失した。

 

 

「本当にするの?」

 

 

この後の対応なんて考えるまでもない。

 

黙って優しくキスをして、そのまま押し倒すだけだ。

 

 

でも出来なかった。

 

「付き合っている人がいるのに、こんな事しちゃまずいんじゃないか」

 

その娘はそう思ったろう。そして、ぼくも同じ事を思ってしまった。

 

そのままお互い同じ布団で、長い長い夜を過ごした。

そして僕ら2人は、眠い目をこすりながら

最寄駅で別れたのだった。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1年前の記憶を振り返っていた僕は、とても気楽だった。

 

「今日は簡単に寝られるだろう。」

 

未遂とはいえ、一度は身体を許そうとした相手だ。

 

今度誘っても余裕でいけるに違いない。

僕は意気揚々と出る準備をし、自宅を後にした。

 

 

 

そして、ベッドの上で、まさかの拒否をされるのであったーーーーーーー

 

   〜ここから先は、noteで読むことができます〜

 

note.mu

 

 

 画像:無料写真素材AC

 

 =Tawiga=

 

新商品……ではないけど、季節限定商品!(大体毎月発売されてる)KA-GO-MEの野菜生活100「瀬戸内柑橘ミックス」飲んでみた


毎月ひとつ発売されてるんです、えぇ。


何がって?KAGOMEの野菜生活です


f:id:Tawiga3:20160401142029j:image

瀬戸内柑橘ミックスですね。


ちなみに野菜生活は大体「〜ミックス」が多いんですがそこは触れてあげないで下さい。
野菜生活商品ラインナップ ↓


お味の方は、柑橘だけあってさっぱり酸味爽やか。でもほのかな甘味が後味として口の中に広がります。
柑橘嫌い以外の人は、好まれる味ですね。

万人向けの味、というか。

言ってみれば、印象に残らない美味さ、みたいな。
よく言えば王道ってコトですが。。。


ランチのお供にいかがですか?
クエン酸やビタミン足りない方も、この際にどうぞ(=゚ω゚)ノ
あとお肌が潤ってないアラサー女子とか……


    =Tawiga=

【週刊ジャスパジョリニズム】14 栄光のかけ橋

 

 

f:id:Tawiga3:20160328221745j:plain

 

 noteでもやってます。

bit.ly

 

 =さすがにこの弁当は作ってもらったことない Tawiga=

 

【週刊ジャスパジョリニズム】18 イエロー

 

 

bit.ly

 前↑

 

f:id:Tawiga3:20160325023039j:plain

 

 

 =だめだ ガッツが 足りない!!  Tawiga=

 

婚約破棄になったぼくが恋愛工学をはじめた理由

f:id:Tawiga3:20160325021504j:plain

 

「うん、またね。連絡ちょうだい。」

 

彼女はそう言ってタクシーに乗り込んだ。

早朝4時の新宿。まだ辺りは薄暗い。

ぼくは寒さに身を縮め、コートのポケットに手を突っ込んだ。

 

 

―――今日は上手くいった。

 

彼女の塩対応っぷりには辟易したが、ミラーリングとバックトラック、

そしてイエスセットのおかげでCフェーズは乗り越えた。

共通の話題から話も広げられたし、初めて聞くネタでも知識を総動員させて盛り上げられた。

 

「ぼくはどうやら、Cフェーズは得意なんだな。」

手応えを感じ、ひとりごちる。すれ違ったおっさんが怪訝な顔でぼくを見たが、そんなことはどうでもいい程気分が高揚していた。

 

 

大の苦手だったSフェーズも、驚くほど決まった。

終電がなくなったぼくと違い、赤髪の彼女は新宿から2駅。どこかに泊まる必然性なんてどこにもなかった。

 

「俺、一人じゃ寝られない性格でさ。あとホテルって一人じゃ入れないし。」

「もしかして変なこと考えてない?お前相手に、そんな事する訳ないじゃん。」

「あー、眠い。早くベットで横になりたい。」

 

 

でもそんな必然性は、こんな適当なセリフでいとも簡単に崩れた。いや、セリフというよりはマインドセットか。

やっぱり、アルファ感って大事だ。

典型的なベータ人間のぼくにとって、アルファに振舞えたのは大きな収穫だった。

 

 

そこから先は、本当にメルマガの通りだった。

道端ではイヤイヤ言っていたのに、部屋の中に入った途端、僕たちはお互いを求めあった。

その子なんて彼氏がいるにも関わらず、だ。

 

 

「ホントにすげぇな、恋愛工学って。」

ようやく来た始発に乗り込みながら、ぼくはそんな事を思った。

座席に浅く腰掛ける。柔らかい感触。疲れた腰にはちょうど良い硬さだった。

背もたれに身を任せながら、ついさっきまでの出来事に浸っていると、心地よい眠気に襲われてきた。

 

 

 

 

 

 

 

そして、いつものように、ぼくが決して忘れられない事を、思い出す。

 

 

思い出して、しまう。

 

 

 

 

――――――もう、私たち、別れた方が、いいと思うの。

 

 

――――――あなたが、好きだって、言うから、髪の毛……長く、していたのに。

 

 

 

 

――――――本当は、別れたくなんか、ない。

 

 

 

 

 

 

――――――じゃあ、ね。また………ね。

 

 

 〜ここから先は、noteでの有料記事で読むことができます〜

bit.ly




  =Tawiga=

 

 

    ※画像  著作者:Amateur.Qin(秦)   l  GATAG|フリー画像・写真素材集 4.0